アイ・ティー・エス・ジャパン株式会社

測定・試験機器 / 生産合理化機器 / ゴム試験関連機器 / バルブ事業 / LNG事業

トピックス.

製品・メーカーや弊社に関する最新情報をお知らせします。

第6回ドリンクジャパンに出展いたします。


「第6回ドリンク ジャパン」に出展いたします。ポリマー用水分計「アクアトラックV」と、試薬を使わない水分計「アクアトラックステーション」のデモ機を展示します。サンプルをお持ち頂ければ、その場で測定することもできます。是非、弊社出展ブースへお立ち寄りください。 招待状をご希望の方はフォームよりお申し込み下さい。
※サンプルの種類については事前にお問い合わせください。 

 
場所

幕張メッセ 9ホール

ブースNo

10-51

日程

2021年10月13日水曜日~15日金曜日

時間

10:00~17:00

公式サイト
出展製品

ポリマー用水分計アクアトラックV

TEST2021 第16回総合試験機器展に出展します。


ITSジャパンはTEST2021 第16回総合試験機器展に出展いたします。ブースでは衝撃試験機や動的粘弾性測定に関するよろず相談を受け付けます。また、ポリマー用水分計「アクアトラックV」と、試薬を使わない水分計「アクアトラックステーション」のデモ機も展示します。是非、弊社出展ブースへお立ち寄りください。 招待状をご希望の方はフォームよりお申し込み下さい。

 
場所

東京ビッグサイト 南3ホール

ブースNo

T-12

日程

2021年10月6日水曜日~8日金曜日

時間

10:00~17:00

公式サイト
出展製品

イマテック社衝撃試験機

DMA 動的粘弾性測定 イプレクサーシリーズ

ポリマー用水分計アクアトラックV

TEST2021 第16回総合試験機器展にてイマテック社製衝撃試験機セミナー開催


2021年10月06日から催される「TEST2021 第16回総合試験機器展」にて「イマテック社製衝撃試験機による金属・複合材料の評価」に関するセミナーを開催します。
イマテック社の万能型衝撃試験機「IMシリーズ」による金属・樹脂・複合材料の試験例を紹介します。
複雑な衝撃特性の解析において欠かせない高速ビデオによる試験映像にデータを融合する解析方法も豊富な実例を交えてわかりやすく講演いたします。
「サンプル片ではなく製品の破壊強度をみたい」「塗膜の厚みや粘弾性特性の違いによる破壊強度の差を可視化したい」「カーボン複合材の剥離強度と剥離速度の関係を解析したい」等、過去の実例をまじえたダイナミックな講演を予定しています。

ドリンクジャパン2019
場所

東京ビッグサイト 南3ホール

TEST2021 「第16回総合試験機器展」発表会場3

日程

2021年10月6日水曜日

時間

11:45~12:30

公式サイト

TEST2021 第16回総合試験機器展

弊社ブースNo.

T-12

◎セミナーの内容は弊社ブースにて随時ご説明可能です。
◎セミナーの内容以外の衝撃試験機についてご相談承ります。
◎個別での相談希望の方は日時の予約も可能です。下記よりお申し込みください。

 

2021年7月16日発刊の日刊工業新聞にクラトスの記事が掲載されました


記事は日刊工業新聞デジタル版にも掲載されています。ぜひご覧ください。
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00605501?isReadConfirmed=true
※閲覧には会員登録が必要です。
 

ドリンクジャパン2019

ドリンクジャパン2020に出展しました。


幕張メッセにて開催されましたドリンクジャパン2020に出展いたしました。ご多忙の折にもかかわらず弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

ドリンクジャパン2019

アクアトラック-V(3E)の水分率測定方法が ISO 15512:2019 に認定されました。


アクアトラック-V(3E)の水分率測定方法が国際標準化機構「ISO」にて認定されました。今回認定された「ISO 15512:2019」規格(JIS K 7251に相当)は、プラスチックの含水量の測定に関する規格です。これにより微小水分率の測定方法として、カールフィッシャー法とともに水素化カルシウムによる含水量の測定方法が認定。アクアトラック-V(3E)は水素化カルシウムによる含水量の測定方法の先駆けとしてさらなる精度の向上に努めてまります。

 
ブラベンダー社リリース

相対的に相違を数値化する、 画期的なカラースペクトロメーター登場。

一般的なカラースペクトルメーターによる測定は絶対値を測定するため厳密な光源、センサー角度、距離などの管理が必要でした。 スペクトロセーブでは相対値を用いることと、新開発のセンサーを使用することにより色見本との色差を秒速で判定します。製造ラインへの組込みも可能な画期的なスペクトロメーターの誕生です。

スタンドアロンデバイス型水分計 アクアトラック ステーションを発売開始。 


 露点測定だから「試薬」「キャリアガス」が必要ない。次世代型水分計の誕生です。